督促に対する疑問と難点について

督促とは「督促状」などという言葉を含め、多くの方がご存知の言葉かと思います。
一般的な意味合いとしては「約束などの履行や物事の実行を促すこと」と定義されています。
例えば、仕事の完了を促す意味合いですとか、借金などの支払いを迫ることなど言う意味合いでも幅広く用いることが出来る言葉です。
では、税法上についての督促という意味について少し触れていきましょう。
租税が期限までに納付されていない場合、その納付を催告する行為と記されているのです。
税金が未納の状態・滞納の状態が続くことによって、この督促と言う行為がされるというわけです。
また、金融業界などにおいても持ち入られる事もあるでしょう。

融資やローンなどの延滞者

こうした場面においては、融資やローンなどの延滞者に期日到来文の約定返済額の返済を求めることを言います。
この場合、利息などが加算されている場合はそれも含めての督促が行われることが大半でしょう。
金融業界の融資担当者などは、督促と言う行為もまた非常に重要な仕事の1つと言われています。
督促と非常に密着した言葉の1つに「支払督促」というものがあります。
これは、日本における民事司法制度の1つでもあるのです。
債権者(一定の給付を請求することを無い酔うとする権利である債権を有している人)の申し立てに基づいて、債務者(一定の給付をなすべき義務である債務を負うもの)に対して金銭などの支払いをするように督促する旨の裁判所書記官の処分を言います。

お役立ちサイト
買取セブンなら24時間申込可能
全国どこからでもネット銀行利用でスムーズな換金ができる業者です

このとき、処分を記載した裁判所書記官作成の文章を指すという場合もあります。
また、支払い督促のための手続きのことを「督促手続き」と呼びます。
支払い督促は今では自分で行うことも出来るようになっており、手続き方法も郵送で申し立てが出来るという背景もあり、個人で行うというケースも増えているようです。
なお、支払督促を無視し続けることで、差し押さえ強制執行などの処置がとられることもありますので、万が一届くようなことがあれば速やかにそれに応じるようにしましょう。
また、督促内容に事実と異なる部分があるという場合には、督促異議申し立てなども出来ます。
こうした税法上の話でなくても、日常的なシーンでの督促と言うものもあります。
例えば図書館など。
図書館などで本を借りて返却予定日・期日までに返さなければ督促されるという事もあるでしょう。
公共料金などに関してもこのようなものが届くこともあります。
そうした書類を一般的に「督促状」と呼びます。

申し立ての流れについて

実際に支払い督促を申し立てたい。

申し立ての流れについて
そのような方に大まかな流れというものについてお話して行きたいと思います。
特に関係ないという方も、知っておくと良いかと思います。
先ずは申し立てです。
これは、簡易裁判所の書記官に対して「債務者に対して支払督促を出すことを求める」との内容の申請を行います。
用紙は裁判所にもおいていますし、相談をしながら記入をすることも出来ますので難しくはないでしょう。
そして作成が終わったら簡易裁判所によって受理がなされます。
受理を為されたものに関しては、書面に不備はないか・適正な手数料などが支払われているのかなどを審査されます。
この過程があってはじてめ裁判所から債務者に対して、支払督促の通知がされるのです。
2週間以内に債務者から異議申し立てが無かった場合は「仮執行宣言付支払督促の申し立て」を行うことができ、送達を行います。
そして更に異議申し立てが無い場合ですと、それが確定します。
異議申し立てがあったという場合ですと、通常訴訟で争うということになるでしょう。
なお、仮執行宣言付支払督促の申し立てですが、2週間を経過した日の「翌日」から30日以内に申し立てをしないと支払督促そのものが失効しますのでご注意ください。
仮執行宣言付支払督促が確定をすると「確定判決」と同じだけの効力を持つようになります。
要は、裁判で勝訴した状態と同じになるので、覆すことは不可能となるのです。
ここから強制執行を行うことが可能になりますが、自発的に執行してくれるわけではありません。
債権者が予め、債務者の財産などをみつけ、どのような財産に対して強制執行をするのかという部分を決めた上で、改めて裁判所に対して「強制執行の申し立て」を行う必要があります。
申し立ての手数料などについてですが、金額によって異なってきます。
大きな負担になるほどに金額にはならないかと思いますが、申し立てを行う前に調べておくのもまた良いのでは無いでしょうか。

養育費などの支払いが滞った際に可能な事柄

子どもが受け取ることができるとされるお金ですが、離婚した女性の約2割しかもらっていないといわれています。

養育費などの支払いが滞った際に可能な事柄

月6万円でも20年間で1440万円。子どもの今と未来のために養育費をもらう知識が必要です。

賢い対応できるが勝ち

3組に1組が離婚している日本では、シングルマザーという立場の方がふえています。子どもを育てながら生活するとなると、時間的にも金銭的にもたいへんな負担があります。そんな彼女たちを助けてくれるのが、元夫からの養育費です。

しかしその現状はあまりにもひどいもので、8割のシングルマザーが受け取りをあきらめています。振りこみがないと気が付いても、どう対処してよいかもわからずそのまま放っておく人、またはDVなどが原因で別れているために元夫と関わりたくないから何もしないという人が多くいます。

しかし、相手と直に会って交渉しなくても支払いしてもらえる方法があります。強制執行が最終的にかならず支払ってもらうための手段となりますが、それまでに前段階として「履行勧告」と「履行命令」という2つの手続きを踏まなければなりません。

The recommendation site
電話占いウィルの口コミ基準
実際にWillを利用された生の声とともに多くのレビューが手に取るように聞こえております!

プレッシャーを感じてもらえる勧告

支払い期日が過ぎても養育費や慰謝料について未払い金がある場合、家庭裁判所が代わりに行う督促が、履行勧告です。無料で行えるもので、法的な拘束力はないものの、裁判所をとおしていることで大きなプレッシャーを与えることができます。

とり決め事を第三者にも分かってもらえるように、公正証書など書面に落とし込んだものを用意しておくとスムーズです。

証書に記載する取り決める額を決めるときに必要な資料

1. わたす側ともらう側の基礎収入額
2. それぞれの最低生活費
3. それぞれの負担能力
4. 子どもに充てられるべき生活費

これらの情報をもとに、どちらがいくら支払うかを決めます。証書というかたちにしておくことで、どちらもが納得して決めたことという証明になります。

履行命令

申し立てをおこなうと、家庭裁判所が代わりに支払いを命じるものです。裁判所は相手方のいいぶんを聞いたうえで期限を決めて履行命令をだします。従わなければ過料と呼ばれる、10万円以下の罰金を支払うペナルティは課せられます。しかし命令ということばの通り、こちらも法的な拘束力はありません。

強制執行

相手方の住所地を管轄する地方裁判所に行う申し立てです。支払い義務者の財産から強制的に支払いを確保することができます。勤めている会社が分かっていれば給与の差し押さえができます。相手の収入内容や不動産、預金口座などを調べたい場合は弁護士に依頼しましょう。

執行するには、調停証書もしくは公正証書が必要ですので、離婚する前に忘れず作っておきましょう。ウラを返せば、公正証書があれば裁判をおこなわなくても支払いが滞った場合に強制的に取りたてることができるということです。

子どもの権利をまもるためにできることは手を尽くしておきましょう。なお、養育費には時効はありませんので、いつでも請求ができます。弁護士費用をしらべて、お金をかけたとしてもある程度の額が手元にのこるなら泣き寝入りせずに請求して、もらえるところはきちんといただきましょう。

自分から督促したくても相手になめられてしまっては意味がありません。そんなときこそ、法律の出番です。絶対的な力をもつ強制執行という方法があることも頭にいれて、長い期間にわたってじょうずにお付き合いをしていきましょう。