支払督促が届いたら必ず内容を確認する

支払督促を無視し続けた場合、どのような措置がとられてしまうのでしょうか。
基本的には、差し押さえから強制執行という事になるかとか思います。
では、具体的にその流れについてお話してみましょう。
まず、支払督促が届いたら内容を確認しましょう。
事実通りだというようでしたら、一括返済を行います。
事実に反しているという場合でしたら、異議申し立てを行うことが出来ますが、2週間以内の申し立てとなっていますので早い段階で申し立てるようにしましょう。
そして債務整理です。
債務整理の場合、弁護士などに依頼をして行うケースが大半かと思います。
これが支払督促が届いた際の一般的な流れです。
しかしながら、先に触れたように虫をすることで「仮執行宣言付支払督促」というものが送られてきます。
支払督促を受け取ってから約30日が過ぎるとこのようなものが届くことになるのです。
仮執行宣言支払督促が届いても、何の申し立てもしないという場合、債権者は強制執行をする権利を得ます。
このことで差し押さえをすることが可能になるというわけです。
このよなう事態にならない為に、まずは支払督促が届いたら対処をすることが大切です。
万が一、差し押さえが強制執行されたらどのような状況に陥ってしまうのでしょうか。
まずは、財産などを強制執行前に調査されることになります。
調査を行い、差し押さえをしても問題ないと判断されたものに関しては、強制的に差し押さえられてしまうことになります。
具体的にどのようなものが差し押さえ対象になるのかというと、不動産や債権、給与などその範囲はかなり広いものなのです。
特に、給与に関しては毎月請求されることとなる上に、会社にもその連絡が届くことになりますので社会的な信用と言う面においても良いこととは言えませんよね。
しかるべき措置をとって、大きな問題になる前に対処を心がけるようにしましょう。
もちろん、一番は督促が届かない環境を作ることが大切になります。

精力促進剤
支払督促の流れ